バイナリーオプション口座を作るなら

バイオプの仕組みとルールについて

インターネットサービスの拡大とスマートフォンやタブレットなどの急速な普及によって、ネットを活用した資産形成の手段は現代日本では一般的なものとなりつつあり、多くの人がネットを利用して自分の資産をより増やすための行いをしています。
ネット銀行やネット証券などネットで24時間取引ができる金融サービスが今日急速に増加しており、これらのサービスを活用することで非常に効率的に資産運用や資産管理を行なうことができるのです。

 

今日の日本社会では資金需要の高まりと、預金金利が低水準で推移していることから投資への期待と需要が高まっており、多くの人が投資への高い関心を抱いています。
しかし投資は難しいものというイメージが多くの人の頭にあるため、投資に興味があるものの、なかなか実践することができない、という人は驚くほど多くいるのです。
投資を全く行ったことがなく未経験者でも気軽に行える投資方法としておすすめなのがバイオプとなります。

 

私たちが普段の生活で使っているお金には相場があり外貨と比べた場合の価値というのは常に変動しています。
この貨幣の価値の変動を利用して行なう投資がFXとなりますが、バイオプは同じように貨幣の価値の変動を利用して行なう投資となります。
FXとバイオプの異なる点は、FXが差益を目的として通貨の売買を行なう投資手段であるのに対して、バイオプは通貨の売買は行わず、将来のある時点において相場が上がるか下がるかを予想するという点にあります。
つまりバイオプとは、相場が上がるのか下がるのかを2択で選択し、投資を行なう仕組みとなっているのです。

 

バイオプとはよくトランプの「ハイアンドロー」というゲームによく似ていると言われています。
特別な知識は必要とされませんし、現在ではスマートフォン用の専用アプリで簡単に取引ができるサービスを提供しているネット証券会社も多いので、初心者が最初に始める投資手段としてはうってつけなのです。

 

 

仕事の合間にバイオプをやっています

 

私は、個人経営の仕事をしているので、時期によって収入がまちまちです。仕事が立て続けにある時は良いのですが、そうでない時には、時間はあるけれどお金がないということが続きます。午前中はテレビを見ているだけということもあります。時間を有効活用するためと少しでも収入を多くするために、私が始めたのが、バイオプでした。最初は、ギャンブルのようなものにお金を費やしても良いものかと悩みましたが、やってみなくては分からないと思い、思い切ってやってみることにしました。
とは言っても、何から始めれば良いのか、全く分かりませんでした。そこで、実際に取引を行なっている人のブログを見たり、本を購入して勉強をしました。幸いにも、時間はたくさんありました。
まずは、バーチャル取引を行い、取引の感覚をつかむことにしました。バーチャル取引では、自分のお金で取引を行うわけではありませんので、ゲーム感覚で楽しむことが出来ました。そこで、ある程度の感覚をつかんだ後、実際の取引を行いました。自分のお金で取引をするというのは、緊張感がありました。
私が行なったのは、60秒後の通貨の動きを予想するというものでした。5分後や10分後を予想するという取引もあるようですが、せっかちなもので、待っている時間がもったいないと思い、短時間取引を選択しました。
取引は、バーチャル取引のように上手く行くことは少なく、予想が外れるということも多々ありました。予想が外れるのには、2つのタイプがあります。予想が見当外れであった場合とたまたま予想が外れたという場合です。見当外れな予想で負けた場合には、その日の取引はその時点でやめ、たまたま負けたと感じた場合には、その後数回続けるようにしました。
仕事が忙しいとなかなか取引を行うことは出来ませんが、やる時間がある時にはコツコツを取引を行なっています。今のところの勝率は五分五分を言ったところです。

 

 

バイオプを勝ちやすくするテクニック

 

バイオプは不慣れな人だと運で勝ち負けが決まるというように思ってしまうものですが、実際にはそうではありません。
もし運だけですべてが決まってしまうのであれば、バイオプは全ての人の勝率がほぼ50%になるはずです。
ですが実際にはバイオプを利用している人の中には長期的に勝っている人と、長期的に負けている人の二種類がいます。
こうした違いは運の善し悪しで決まるものではなく、テクニックなどによる部分が大きいのです。
ではバイオプをより勝ちやすくするためのテクニックとしてはどういったものがあるのでしょうか。
まず一つ目のテクニックとなっているのが目押しです。
目押しというのはチャートの中でグラフが下に下がって、下がったままの状態が続くことを確認して購入の手続きを行うテクニックです。
基本的に為替相場のグラフは、一日で何円も何十円も下がるというものではありません。
長期的に見れば変化が発生しているように見えても、短期的に発生する差は微々たるものです。
そのため下がったタイミングを見計らって買いポジションを取ると、反発的に高くなることが予想されますから勝ちやすくなるのです。
本来の相場の予測とはかけ離れた手法によるものですが、状況を見てから判断することができる買い方であるため勝率はかなり高くなります。
次に、これよりも相場予想の側面が強くなるのが材料を見ることです。
材料とは為替の相場に対して影響を与える情報のことで、例えばアメリカの雇用統計などがこれの最たるものになります。
それによって為替相場が高くなる可能性が高いのであれば買いに入れば良いのですし、低くなる可能性が高いのであれば売りに入ることで勝率を高めることができます。
とはいえ材料による判断は材料発表直後に最も有効に活用できるという特徴があります。
情報発表からしばらくすると為替相場は落ち着いてしまいますから、タイミングを見計らって買うか売るかの判断を下さなくてはなりません。

バイオプではこうしたテクニックを抑えているだけで勝率を高めることができますから、ゆっくりと慣れていくようにしましょう。

 

 

投資初心者に人気のバイオプ

 

バイオプは外国通貨取引のひとつです。手軽にできる投資方法で、常に変動している相場が、現時点と比べて上がるか下がるかを選択し、当てるということです。数分後の相場が、現在より上か下かを当てるラダーバイナリーと、レンジの範囲内か範囲外かを当てるレンジバイナリーがあり、当てることで投資した金額が1.01倍から100倍になる仕組みになっています。
取引するにあたっては、まずバイオプを扱う業者での口座開設が必要になります。信頼できる業者を選び、HPから口座開設手続を行い、投資資金を入金し、初めて取引することができます。二者択一のとてもシンプルな仕組みで、小額の資金ではじめることができる為、年々利用者が増えています。具体的には、オプション戦略(ハイリターン戦略・ミドルリターン戦略・ローリスク戦略など)を使い分けて、あらゆる相場状況に対応します。上昇相場・レンジ相場・相場急変時の多様な相場動向に対応可能、自由に購入売却が可能で、リスクとリターンが明確なのが特徴です。FXのようにレバレッジがないので、取引開始時に最大損失額を把握することができ、資金に応じた投資が可能になります。
一方で、バイオプはギャンブル性が高く、ここ数年で取引においてトラブルが急増しています。日本国内では2013年11月に取引方法に関しての規制により、大幅にルールが変更になりました。短時間での取引ができなくなり、いわゆる賭博性がなくなってしまいました。国内では業者の審査にも数日かかるため、規制対象外の海外の業者を使う利用者が多くなっています。中には、入出金や解約のトラブル、詐欺被害を引き起こす悪徳な業者が存在することも事実です。トラブルの相談件数も急増しており、無登録業者との契約を行わないよう警鐘しています。
バイオプは上がるか下がるかの簡単な取引のため、投資の初心者が多く利用します。しかし、ハイリターンを求めるあまり、安易にのめり込んでしまいがちです。利用にあたっては業者の見極めや止め時を、しっかりと判断することが重要です。

ギリシャ危機だがユーロがなかなか下がらない、やはり推測するに誰でも容易に下げではないかと考えるし、時期尚早といえる。まだまだギリシャの話題が絶えないが、すぐさまユーロを下げる必要性はなさそう、しばらくは138円台を推移すると見られる。ユーロ円で取引するユーザーにとっては、ややもどかしい展開となってきたが、ここは辛抱すべきときといえるかもしれない。休むも相場、ここはいったん休んで相場を傍観したうえで冷静に取引したいところである。

 

米では今年末ごろに金利引き上げを検討している動きが見られる。じわりとドル高にいたり、黒田ショック前の水準に戻るかもしれない。これがなかったらドル高が進んでいたかもしれないとされる円安牽制は一時的なものかもしれないとされたが、十分に効果を持続しているといえる。一方でそれにより円高に向かう気配はない。しばらくは123円台を推移すると予測される。

 

ポンド高に関しては、依然として変わりない。アベノミクスがまだ継続しているかのように思えるし、しばらく来年に向かってポンド高を続け、200円台にせまりそうな気配である。おおよそポンドは値動きの激しい通貨として認知していたが、レバレッジ規制により若干控えめになっている。

 

スイスフラン高に関しても、依然として変わりない。今年1月にはスイスフランショックが発生したが、それによりスイスフラン売り回避の傾向があるかもしれない。上限撤廃により、大打撃を受けたトレーダーは少なくない。大きな借金を作ったようだが、はたして返済可能なのかどうか。おおよそ投資額によっては取り返しのつかない額となっていて、とても支払うことはできない。借金帳消しという手段が取れるのかどうか、借金を背負ったトレーダーのブログや動向に注目して、どんな対策がとられていくのかに注目しようと思う。おおよそこれ以上のフラン暴騰はもうないと考えられるし、FX史上では最大級のものになっている。

 

続きを読む≫ 2015/07/14 07:41:14

FXで流れに乗ったポジションを持つには誰でも確認できる強いシグナルを見てからでは利益の幅が十分に取れず利益を得られたとしても悔しい思いをすることも多いですが、機会損失を少しでも減らそうと考えて誰よりも早くトレンドに乗ろうと思うとすると失敗するケースが増える感じがします。
特にこういった欲深さで失敗する例としてはレンジ相場後のブレイクアウトで早期エントリーをしてしまうことにありますし、綺麗にレンジから放たれるという場面はそれほど多くないため意外とパターン通りの手法が使いにくく難しい相場だと私は思うのです。

 

定石通りにポジションを仕込むなら上下どちらかの抵抗を抜けたときに逆指値でエントリーするか、一度戻りを見てそこからブレイク方向にもう一度伸びたときにエントリーするという考えが普通だけれど、この時点ではまだトレンドの初期段階と見るのは早いためスキャルピングならともかく私は長期的に持つのは避けています。
大きな壁と意識されている強い抵抗でさえストップを巻き込んでもそれほど伸びないことはFXをしていると薄々わかってきますし、すぐに価格が戻って新たなレンジの継続になるパターンはこれまで嫌というほど見てきたから、相場のセンスがなければブレイクアウト後の順張りは賭けに近い手法のように思えてきました。

 

そうすると結局どこでトレンドフォローのポジションを持つかということですが、強いトレンドを示す形はアメリカ指標がトリガーになって引き起こされる場合が可能性は高いので、すでに現在の価格がレンジから離れていることとその後にアメリカ時間に突入するという二つの要素が合わさったときがチャンスと感じます。
チャートの形的には指標時にエリオットの3波の途中になっていることが理想で、この要素も加わりそうなら私は指標前から待機していて動いたときにいつでもポジションメイクできるように注意深く為替の動きを見ています。

 

トレンドを端から端まで取れなくてもこうして慎重にいけば勝率は高いため、全体的には満足できるトレード内容だから安心してFXができるのです。

続きを読む≫ 2015/07/14 07:40:14

FXで元手が2倍以上になって、含み益がどっさりあったときは、FXに関する情報を多く集めたいと思っていました。FXに関するサイトをみて、ほかの人はどんな感じで取引しているのかなとか見てみたいし、シストレとか、99%の人は負けるとか書いてあるのも、勝っている自分にとってはそうかな?!と疑問に思うところが多々ありました。99%の人が負けるというか、負ける人は負ける、勝つ人は勝つのでは?というのが率直な感想なのです。なにしろ、FXで勝つパターンを知り尽くせば、勝てるようになる、というのが持論でした。それは負けてしまった現在でもそう思います。勝つパターンはあります、しかしずっとFXのチャートとにらめっこすることができる人なんていません。それに取引通貨に関するあらゆる情報をゲットできるような人はいません。気の緩みもあるし、日常の生活のこともあるし、そうこうしている環境下で、勝ち続けるのは容易ではないのです。それでも、勝つために本当にがんばれば勝てるようになるかもしれないという期待を残せるものです。競馬や競艇のように、たくさんある番号から1着と2着を当てるという非常に確率の低いことではありません。FXは売りか買いかの2つしかない、これを当てるだけで儲かる取引です。現に儲かっている人はいます。テクニックに運が味方して、低い勝率を勝ち抜いてきて、元手が何倍にもなっているのでしょう。いちおう、2倍以上にはなったということで、テクニックの必要性は感じます。これなしには勝てないです。まずテクニックを身につけて、そのうえであとは運しだいです。運がよければ儲かる投資家になり、人より簡単に儲けられるようになります。それは運だから、実力では勝ち取れないように思えます。どれだけテクニックを身につけても一緒です。2倍以上になったのも、けっこう運によるところが大きく、そのときの取引の状態とか、流されたとか、コントロールできないものです。

 

続きを読む≫ 2015/07/14 07:40:14

バイナリーオプションを始めて間もない頃は、アタリorハズレで一喜一憂してましたが、勝率が50%を達成するのに時間を要する事が多く、休日等、トレードが無い日に過去の負け履歴と勝ち履歴を分けて、どこに原因があるか分析してみました。
株式やFXと比較するとカンタンに勝てるという人もいますが、自分なりに法則を作ると6:4に近い勝率で勝ち越すことができます。
学生時代は数学も好きじゃなかったのですが、投資に嵌ってからは、やたら確率や統計が好きになってしまいました。
そして結局何に気づいたかというと、随分細かい部分ですが上か下かで当たっていても月間で見るとトータルの数値(金額)が合ってないのです。
もともと電化製品やPCとかの取り扱い説明書の類は、全然見ないのが面倒がってきましたから、バイナリーオプショントレードの使い方等の部分を一切見ないで数ヶ月過ごしてたのです。改めて熟読してみると、レンジ内で規定ルールが実行されていて、利益を得ると数パーセントの手数料が業者側に自動的に支払う仕組みになっていて、勝率が実際より微妙に落ちてた事が判明しました。
FXのトレードとは異なり、大金を失わずに済みましたが、利幅が少ない上に勝負に買っても数パーセント譲渡しているので回数が増やすと余計に増えてしまいます。
いろいろ考えた挙句、回数を徹底的にコントロールして週毎、月毎にボーダーを決めて、それ以上は取引しないように心がけました。
その代わり、ミドルリターン戦略という事らしいのですが、海外のロンドン市場や香港市場、それからニューヨーク市場を中心にそれぞれの活発に動いていく為替に合わせてトレードを繰り返し、対業者で優位になるように調整しました。
時間があると、ついバイナリーオプションのサイトを覗いてしまいますが、集中タイムじゃない時は、ぐっと我慢してトレード回数を一定の範囲内で終わらせる為にあれこれ努めました。
回数を減らして勝率を増やす戦法は今のところ成功しています。
残念ながら億万長者になる確率は極めて低いのですが、細く長くバイナリーオプションを続けていけたらいいなと願ってます。

続きを読む≫ 2015/06/30 12:51:30

生活する上でお金は最も重要なものです。真面目に社会人としてはたいていますが、なかなか景気が良くなることはなく、給料は上がるどころか下がる可能性もある世の中です。将来のためにと思い貯蓄をしていてもバブルが崩壊して、銀行にお金を預けていても増えなくなりました。金利が0に近い数字だからです。例えば100万円の預金があったとしても10年後もほぼ100万円と変わりがありません。その点に私はもったいなさを感じていました。そこで投資に興味を持ち始め、方法を模索していた時に出会ったのがバイナリーオプションです。投資で最も怖いことは、予測が外れてしまい、損失を出してしまう事です。そんな恐怖があり、なかなか投資に手を出せずにいたのですが、バイナリーオプションは私の理想とする投資方法でした。最大の魅力はこういった恐怖感がないことです。バイナリーオプションは最大損失額をあらかじめ設定できるため、最悪の事態になっても予測を超えた損失がでません。つまり、最大損失額次第では借金が発生する状況はない、という事でした。その点が非常に魅力的だったので私は始めてみました。初めての投資でしたが、方法は非常に簡単で知識がなくても誰でもできるようなものでした。内容は単純で、価格が上がるか下がるかを予想して入力するだけです。つまり50%の確率で当たります。更に短期投資商品なので結果がすぐにわかります。具体的には24時間以内に清算されるデイトレードの形式ですので、損失を翌日に持ち越すことはありません。安心して投資をすることが出来ます。更に他の投資と違い、市場の動きが小さくても取引が成立します。このために、市場の動きが小さくても大きな利益を出すことが可能です。
失敗しても最大損失額設定による安心感と、知識がなくても簡単な二者択一の選択、24時間以内に結果が分かる短期的な投資によって私は仕事をしながらでも気軽に投資することが出来ました。バイナリーオプションは初心者向けの投資です。

続きを読む≫ 2015/06/30 12:51:30